コエンザイムQ10の役割とは?補酵素として幅広く活躍
還元型

コエンザイムQ10の役割とは?補酵素として幅広く活躍

補酵素とは酵素の活動を助ける働きをする物質のことです。
コエンザイムQ10はその補酵素に分類される物質で、主にエネルギーの代謝を助け抗酸化物質として身体の酸化を防いでくれます。
体内で合成されますが、体質や加齢により量が減っていきますので注意が必要です。

ヒトの細胞内にはミトコンドリアという部分が存在します。
細胞が活動するのに必要なエネルギーを生産するところです。

コエンザイムQ10はこのミトコンドリアを補助し、エネルギーを作る手助けをしてくれています。
ですので、不足してしまうとエネルギー産出の効率が落ちて身体が重くなったり、すぐ疲れを感じるようになってしまうんです。

体内で合成される物質ですが、身体の中で広く必要とされているので不足には注意です。
疲れが取れないと悩んでいる時にコエンザイムQ10を試してみると、違いをすぐに体感できることもあります。
さらにコエンザイムQ10を体内で作る力も人それぞれで、とても弱い人もいます。
昔から疲れやすい身体だなと感じている人にもおすすめです。

さらに、細胞組織の維持をサポートする働きも持っています。
強力な抗酸化作用があり細胞の酸化を防いでくれるので、アンチエイジング物質としても効果的です。
ミトコンドリアがエネルギーを作る時に活性酸素が発生しますので、補酵素として働き抗酸化物質として活性酸素を無害化してくれる頼もしい味方です。

もともと心臓病の薬にも使われており、心疾患や高血圧の予防にも有効な物質です。
年齢と共に合成量も減ってしまうので、毎日の食事やサプリメントで補っていくとよいでしょう。

30代を過ぎて生活習慣病も気になるなんて方は、意識してコエンザイムQ10を摂取していくことをおすすめします。
疲れが溜まったまま日々を過ごしたり細胞の酸化を許していると、病気のリスクは高まってしまうので注意が必要だからです。

コエンザイムQ10は体内で合成される補酵素で、主にエネルギーの生産を手助けしてくれます。
そして抗酸化物質としても働いてくれるので、不足すると疲れが溜まりやすくなり、細胞の老化も促進されてしまうんです。
このように体力低下と病気の予防に役立つコエンザイムQ10は、身体にとって大事な物質だということがわかりますね。