還元型

コエンザイムQ10とビタミンEの相乗効果

コエンザイムQ10とビタミンEはとても相性が良く相乗効果が期待できます。
なぜこの2つの相性が良いのか、相乗効果でどんなことが助かるのか、これらについてお話していきます。
あなたが女性の場合は特に重要です。
しっかり実践するようにしてくださいね。
コエンザイムQ10とビタミンEの相乗効果は、元気に生きていくうえで必要不可欠です。
疲れ知らずで活発に過ごしたいなら、「どちらも十分に摂取できていて当然」そんな風に意識を変えてみましょう。

まずそれぞれ働きを簡単に説明します。
コエンザイムQ10は、細胞が活動するためのエネルギー生産を助けます。
そして抗酸化作用も持っていて、活性酸素などから細胞の酸化を防いでくれます。

ビタミンEは老化防止ビタミンです。
抗酸化作用と血行促進などの効果があります。
女性ホルモンや男性ホルモンの代謝にも関係していて、生理痛の軽減などの作用もあります。
なぜ相乗効果があるのかというと、どちらも脂溶性の抗酸化物質だからです。
どちらも脂溶性なので、体の中でお互いが側にいる状態になります。

ビタミンEは脂溶性のビタミンの中でも摂り過ぎの心配が少ない部類です。
コエンザイムQ10が抗酸化作用を発揮して酸化型になると、エネルギー生産の補助を行えませんが、ビタミンEが還元型に戻してくれることで補酵素としてまた働くことができます。
ビタミンEが側にいて余っている分が、酸化してしまった分を還元してくれるから相性がよいのですね。

例えば、激しい運動をして体を休息させるときにもエネルギーは必要です。
運動でできた活性酸素をコエンザイムQ10が無害化して酸化型になった場合、相乗効果で還元されることで回復用のエネルギーを作りやすくなります。
以前と比べて、運動後に疲れが残りやすくなったと感じたことはないでしょうか。
コエンザイムQ10とビタミンEの力が足りていないかもしれません。

朝起きても疲れが溜まっている場合、寝ている間のエネルギー生産力が不足しているため、疲労回復が滞っているということが考えられます。
脂溶性ということで2つの相性は抜群だとお伝えしましたが、必要な栄養素はどれも不足なく取る必要があります。
バランスの良い食事を心がけ、そのうえでコエンザイムQ10とビタミンEの効果を試してみてくださいね。