還元型

コエンザイムQ10がアスリートに好まれる理由

コエンザイムQ10には体のパフォーマンスを上昇させる力があります。
そしてドーピング物質が含まれていないことから、アスリート達に好まれ記録の更新を後押ししているのです。
それでは少し詳しく見ていきましょう。

アスリートやスポーツ選手など、結果を出すためには日頃のトレーニングが欠かせません。
コエンザイムQ10を摂取していると、毎日のトレーニング効果が促進されるという実験結果が出ています。

アスリート100名を対象とした試験です。
まずコエンザイムQ10を毎日300mg摂取させるグループと、プラセボ薬を摂取させるグループに分けます。
そして6週間のトレーニング期間後にパフォーマンスの測定をしました。
測定方法は血中の乳酸濃度です。
自転車型のペダル踏み運動器を使い、乳酸が一定の数値に到達するまでに運動器にどれだけの出力を出せるかを測定しました。

するとプラセボ薬はパフォーマンスが8.5%上昇し、コエンザイムQ10では11.0%上昇する結果がでたのです。

どちらもトレーニング効果を促進しています。
コエンザイムQ10はプラセボと比べると2.5%の差ですが、アスリート達から見ればとてつもない優位性でしょう。
こういった結果も出ており、アスリートやスポーツ選手などトレーニングを積む方々に好まれています。

さらに激しい運動は体にストレスも与えてしまうので、コエンザイムQ10の抗酸化作用はとても有用です。
運動に使用されるエネルギーを作り出すために、呼吸が激しくなりますよね。
多くの酸素を燃焼させるので、それだけ活性酸素が生まれることになります。

増えすぎた活性酸素は、体内の細胞を攻撃していきます。
細胞はそうやって攻撃された箇所を修復する機能も備わっていますが、修復にもエネルギーを使うことになるので、トレーニングで溜まった疲労の回復が邪魔されてしまうんですね。

体を回復させるのもトレーニングです。
活性酸素に細胞を攻撃させるまえに抗酸化物質が無害化させることで、適正な回復に体を集中させることができます。

コエンザイムQ10のトレーニング効率上昇効果と、疲労回復に役立つ抗酸化作用についてお伝えしました。
日頃のトレーニングをする上でとても有効に働いてくれる。
それがアスリートなどに好まれる理由といえます。